あなたの出演番組は、ネットで話題になる!



取材後、お礼の連絡をした際などに、よく「それでどれくらいの時間、テレビで放送されるの?」と聞かれることがあります。


そのときに「はっきりしたことは申し上げられませんが、1分くらいでしょうか」と告げたら、相手に「え? 3時間も撮影に協力したのに、それっぽっちなの」とがっかりされてしまうことが多々あります。


しかし、ゴールデンの番組に1分、取り上げてもらえば、広告費に換算した場合、(視聴率・放送時間帯・系列局数などによって変わってきますが)15秒CMの料金が約400万円として約1600万円に相当します。


CMより自然な露出のほうが信頼されると前述しましたが、単純に効果を2倍とすれば、テレビ番組で1分間紹介されることの宣伝効果は実に3200万円。


1分と聞くと感覚的に短く感じますが、テレビ番組の1分はPR的にはかなり貴重な長尺です。


その貴重な時間をぜひ活かしてください。


たとえ1分であろうと、あなたが取材された番組が無事、放送されれば、さまざまな反響が各所から寄せられることになるでしょう。


友人知人や家族の友人たち、親戚や取引先から「見たよ! すごいね!」といった声が届くはずです。


それだけではありません。あなたの知らないところで、あなたが出演した番組は話題になっています。



話題になっている場所は電脳空間、ネット世界です。


SNS、とくにTwitterでは、多くの人が、あなたがテレビに提供した話題をリアルタイムで拡散しているはずです。


テレビを観ながら、その感想をツイートしている人が多いことは前述しました。そうした人は、テレビマンの本質と同じく、「伝えたがり」な人々です。


彼らは頼まなくても、勝手に「こんなことがテレビで放送されていた」と、ネットで広めてくれるのです。


「テレビが飛びつく4原則」に従ってつくったあなたのネタは、ネット空間の「伝えたがり」な人たちにとっても伝えたくなるものであるはずです。


そうであれば、あなたが何もしなくても、テレビ出演の効果はネット空間での拡散で何倍にも膨れあがります。

放送作家が伝授!

テレビ取材を受ける方法

© 2020 by Akihiro Ishida