テレビ出演の瞬間最大風速を持続させるために



放送後も、テレビ出演の効果を瞬間最大風速ではなく持続させたいものです。そのためには、自社サイトやブログ、SNSでどんどんテレビ出演の実績をアピールしていってください。


のぼりや立て看板、POPを使ってテレビ出演の実績を店頭でアピールするのもありです。先日、東京駅の地下街を歩いていると、このようなのぼりを見かけました。

スイーツ屋さんが掲げていたのは、日本テレビ「ヒルナンデス」で紹介されました、と書かれたのぼりです。


隣には、「楽天ランキング第1位」と印刷したパネルを置いたパン屋さんが並んでいましたが、買い求めるお客さんが多かったのは、圧倒的に「ヒルナンデス」出演をアピールしていたスイーツ屋さんです。



場所柄もあるでしょう。


地方から出てきた人が、知り合いに東京土産を渡すときは「これ東京のお土産、楽天ランキング第1位なのよ」より、「これ東京のお土産、日本テレビのヒルナンデスで紹介されて、ナンチャンが絶賛していたのよ」といって渡したほうが、地元の人にはありがたがってもらえるはず。


だからこそ東京駅の地下で売れているのではないでしょうか。


全国区のテレビ番組に出演したことをアピールすることには、そうした効果もあるのです。


テレビ出演で広告反響率や営業成約率を上げる


テレビ出演の直後に予算をかけて広告を打つのもありです。


出演実績をちゃんと謳った折り込みチラシや、ダイレクトメールをつくってみる。


フリーペーパーや新聞・雑誌、あるいはフェイスブックなどのSNS広告への出稿でもよいでしょう。



テレビ出演との相乗効果で、広告の効果がいつもよりかなり大きくなるはずです。


それによって資料請求や問い合わせ、購買、来店といったレスポンス率が増えれば、従来よりも反響率や顧客化率が大幅にアップ、結果として広告コストの削減にもつながります。


広告に反応してくれた見込み客に対して営業を仕掛けていく、いわゆる反響営業なら飛び込み営業にくらべてはるかに成約率が高くなります。


またテレビ出演や広告で知名度、信頼度が上がれば、アポイントも取りやすくなります。そうなれば営業担当者のモチベーションも上がるのではないでしょうか。

放送作家が伝授!

テレビ取材を受ける方法

© 2020 by Akihiro Ishida