テレビ用プレスリリースに欠かせないこと


 もし、あなたがテレビでアピールしたい商品に、画になる要素があるならば、プレスリリースには、かならず「このような(画になる)取材が可能です」といった取材内容を書いておきましょう。

 実際に現場に赴くディレクターは、どんな映像が撮れるかわからないことをとても不安視します。


 放送に使える映像がどれほど撮れたかを、テレビ業界では「撮れ高」といいますが、せっかく現場に行って、撮れ高が少なければ、編集の時点でかなり苦労します(だからこそ、私たち放送作家は海外ロケから帰ってきたディレクターに、開口一番「撮れ高はどう?」と聞くのが通例です)。


 しかし、プレスリリースで、どんな取材ができるのかを教えてあげれば、ディレクターの撮れ高に対する不安が、かなり軽減されるでしょう。ですから次のようなことを書き添えておくのです。

「お客さんが施術前と施術後で、どれだけ変わるか取材いただけます」


「うちのサービスに感謝してくれている利用者を紹介できます」


「朝の市場での仕入れの様子を取材していただけます」


「実際のクレーム対応をお見せすることができます」


「部外秘の製造工程を初公開します」


「新メニュー開発の裏側の取材が可能です」

 こうした取材要素を、プレスリリースに添えるだけで、取材獲得の確率は大きく向上します。


 あなたの商品をもっともご存じなのは、あなた自身です。まずはあなたが、自分の商品をどうすれば画にできるかを考えてみてください。


 テレビマンがおもわず多くの人に伝えたくなるようなシーンを提案できれば、採用は間違いありません。

放送作家が伝授!

テレビ取材を受ける方法

© 2020 by Akihiro Ishida